不倫慰謝料のお悩みは、
1日でも早くご相談ください。

不倫の慰謝料でお悩みの場合、1日でも早くご相談頂くことが大事です。
なぜなら、依頼が遅れるほど、「家族や職場にバレてしまう」「不倫の事実がSNSやネットで拡散されてしまう」
というリスクが高まるからです。
これは、あなたが「不倫をして慰謝料請求されている」場合だけでなく
「配偶者の不倫相手に慰謝料請求しよう」と思っている場合もあり得ることです。
稀に、あなたの配偶者が不倫をした事実を、意図的にバラしたり拡散しようとする人もいるからです。

弁護士が対応することで、相手側が冷静になったり、名誉毀損になる可能性を伝えることで、
家族・職場にバレることやSNSやネットで拡散されることを防ぐ、抑止力として働きます。
バラされた事実は一生残り、後から消すことはできません。そのため、1日でも早く当事務所にご相談ください。

ありがちなケース

職場にバラされる

郵便物やFAX、メールで写真、動画、文書が送られる

職場に乗り込んでくる

職場に電話がかけられる

家族にバラされる

配偶者や両親、兄弟、親族に、写真、動画、文書が送られる

SNSで拡散

友人、同僚、知り合いに写真や文書、動画が拡散される

ネットに書き込まれる

実名入りで書き込まれ、ネット上に誰でも見える形で残り続ける